妊活・妊娠・出産・育児 山形暮らし

長男の誕生日でした

Pocket

こんにちは。coletです。

とても久しぶりの投稿…

それだけ忙しく過ごせていることはある意味
幸せななのかもしれません

先日、生後9か月で旅立った長男の誕生日でした
生きていたら、3歳です

9月から私は約1年の育休を終え、働き始めているので、
長男の誕生日は仕事をしていました

次男は慣らし保育中
夫が次男の誕生日の前日まで育休をとっているので
夫が送迎しています

長男の誕生日だけど、
見た目は、通常の日常
でも、仕事中もなんか悲しくて
勝手に涙が出てしまいました(周りには気づかれていない)

なんだか寂しくて…
夫と話して、長男の誕生日にはおもちゃを買おう、ということにしました
今年はプラレールで、はやぶさ
夫はプラレールが大好きで、長男に買おうと思っていたのですが、
私が「まだ早いでしょー」といって、、
結局買ってあげることはできませんでした

次男にはめちゃくちゃ早い段階でプラレールあげています 笑

まだ11か月の次男はケーキが食べれないので、
好きなカットケーキを私と夫の分だけ買いました

そして次男が寝て、夫と二人で仏壇にケーキを添えて
ろうそく3本たてて
おめでとうって言いました

とてもじゃないけど、
ハッピーバースデートゥーユーの曲は歌えませんでした

あまりにも悲しくて悲しくて…
3年前の今日、確かにあの子を産んだのに
人生で一番痛い思いをして、
人生で一番感動して
どんな大人になるか楽しみにしていたあの日は
確実に存在していたのに

なぜ、今いないのか

この現実が辛すぎて

単純にお祝いの気持ちだけでは
祝ってあげることができませんでした

次男が生まれて、本当に毎日が楽しいです
本当に救われています

でも

子供を失った辛さがなくなることはない

残りの人生、ずっと背負っていくもの
乗り越えるものでもない

でもこの感情を長男のせいにしちゃったら
長男がかわいそう

この感情は、
たしかに長男に出会って
失ったから生まれた感情だけど

私が辛い思いをして生きていくことを
長男のせいにしてしまったら
私が不幸なのは長男のせい
というのが成り立ってしまう

それはそれで、辛すぎる

だから、無理やりでも
楽しんで生きていくしかない

私はあの子に出会えて、一緒に過ごせて幸せだったのだから

どんな死別も辛いけど…
子供との死別の辛さは、
経験しないと分からない、えぐられる辛さがありますね

だからこそ、保育園バスの熱中症とか…
本当に許せないです
辛いニュースが多くて、本当にしんどい

安心して子供たちが過ごせる環境を
整えていきたいし、日本全体で目指したいですね

---
次男は11カ月になりました
でちでちしっかり歩けています

驚いたのが、仏壇の前で
手を合わせること

次男の前で手を合わせるのはそんなに多くなかったはずなのに
気づいたらできるようになってました
義実家では、久しぶりに行っても覚えているのか
仏壇に向かっていき、おりんの棒をもって、おりんを鳴らします

手を合わせるのは、いただきます、と勘違いしているのか
おりんは鳴らすのが楽しいんでしょうけど 笑

赤ちゃんってよく見てるなー!と感心しました

Pocket

-妊活・妊娠・出産・育児, 山形暮らし