妊活・妊娠・出産・育児 山形暮らし

夜間授乳で思い出すこと

Pocket

夜間授乳していると、

眠いな~

おむつかな?

授乳が必要かな?

と思いながら、次男の対応をする

授乳しながら、

長男を思い出して

長男が病気でこの世からいなくなって

火葬とかも終わって、家で寝た初めての夜

いつものベッドに長男はいなくて

理解できなくて

悲しくて悲しくて仕方なくて

夜中に対応するのが習慣になっていたから、
無意識に目が覚めるけど、隣に長男がいなくて

母乳はたまっているけど、もうあげる相手がいなくて

本当に悲しくて悲しくて仕方なかった夜を

沢山過ごした

どんどん母乳は出なくなっていって

甘かった母乳はしょっぱくなっていって

夜中に無意識に起きることもなくなった

本当に辛かった日々

思い出すと、この記事を書きながらも涙が出てくる

あの日々を想うと、夜間授乳は大変だけど、

泣いて「生きている」ことを知らせてくれていて

母乳を飲んでいる姿はとても愛おしくて

本当に尊い時間だと思う

大変だけど、子供の間の短い期間だけ

大切に過ごしていきたいなと思う

Pocket

-妊活・妊娠・出産・育児, 山形暮らし