健康・介護

尿で分かるがん検査 N-NOSE(エヌ・ノーズ)をやってみた②

Pocket

こんにちは。coletです。

「尿一滴で精度86%のがん検査」のN-NOSEを利用してみて、
結果が届いたので、そのレポートになります。

前回はこちら

11/20に集荷されて、結果が届いたのは、

12/27でした。

結果は通常4週間(最大6週間)でメールでマイページに掲載されたことが通知されるようなので、

結果が出次第、どんな感じなのか記録残してみたいと思います。

って書いてたのですが、

どうやら現在システムエラーのようで、ネット上から結果が見れません。

なので、本当だったら、もう少し早く結果を知ることができたかもしれません。

郵送で結果が届いたのが、12/27でした。

届いたのがコチラ。
1枚の冊子のようになっていました。



1人A判定、1人B判定、1人C判定
でした。

この検査のデメリットは「どこの部位にガンがありそうか、ということは分からない」点です。
なので、C判定が出ても、どこにかかったらいいか分からないということ。

そのため、図にも書いてありますが、人間ドックなどを受診するように推奨されています。

C判定の親戚はかかりつけ医に見せてみて、アドバイスを受けて、
色々検査を受けようと思ったようでした。

これで早期にガンが見つかったら本当に良かったなぁ…と思います。

どこの部位に疑いがあるか分からないものなので、
めちゃくちゃ心配症の人は、かえって不安になるままで
精神衛生上良くないかもしれないですね…。

ただ検査しよう!というキッカケにはなると思うので、
親戚は受けてよかったのではないかと思います。

何事もありませんように!

---
<参考図書>
がん検診は、線虫のしごと 精度は9割「生物診断」が命を救う

Pocket

-健康・介護