妊活・妊娠・出産・育児 山形暮らし

湯殿山神社でお宮参り(11月下旬)

2021/12/03

Pocket

こんにちは。coletです。

山形に帰ってきているうちにお宮参りをしよう!ということになり、
今回は山形市の湯殿山神社へ宮参りに行ってきました。

(次男は9月生まれで、本来は10月でしたがコロナがどうなるかわからなかったので、
長男は兵庫でお宮参りしましたが、次男は山形ですることにしました)

その週、ずーーっと雨で。

お宮参りの日の前日は、まさかの雪。11月下旬だからまだ大丈夫だと思ってたのに…

でも、

お宮参り当日は雪は溶け、晴れました!

よかった~~

文翔館の隣にある神社です。結構小さいですが、当日は、割とたくさんの人が七五三・新車・お宮参りなど様々なご祈祷でいらっしゃっていました。

事前に電話で何人で行くか、予約していきました。料金は7000円でした。

兵庫は予約なしで、お宮参りの人たちだけでご祈祷があったのですが、
南陽市の熊野大社と同じで、いろんなご祈祷を1回でやります。
ここは人口の差なのかな…と思います。

結構狭い神社なので、巫女さんの舞は省スペースで行われている印象が強かったです。

最後にいただきものの紹介。

熊野大社は戌の日の祈願と同じものだそう。
湯殿山神社はこんな感じです。

・お札
・お神酒
・歯がため石
・離乳食の食器
・お清めの塩
・でん六豆

です。

離乳食の木スプーンとフォークはかわいいですし、
でん六豆が入っているのが山形らしいな~と思います。
お神酒はなぜか置賜地域の米鶴さんでした。

歯かため石はお食い初めの時に使いたいなと思っています。

ーーー

今回思ったことは・・・

雪国でじゃ冬にお宮参りしないほうがいい!ってことでした。
やはり寒いですし、なにより雪が降ってなくてよかったですが、

足元が危ないので冬生まれだったら春などにずらしたほうがいいんだな、と思いました。

地域地域で変わってて面白いな、と思いました。

Pocket

-妊活・妊娠・出産・育児, 山形暮らし