妊活・妊娠・出産・育児 山形暮らし

【30w4d】里帰り先での受診

Pocket

こんばんは。coletです。

2週間前に里帰り先で受診をしたのですが、長男の話を優先していたので、ブログに書くのが遅くなってしまいました。

今回は、長男とは違うクリニックにしたので、どんなクリニックかドキドキでしたが、
クリニックもきれいで、先生は有名な先生みたいなので、緊張しましたが、先生も優しい。
個人的には今まで経験した産婦人科の中では一番良かったです。

28Wの時に内診がありましたが、痛くない!
優しさを感じました。
子宮頚管の長さは問題ないけど、標準内の下の方。子宮口も閉じてるし問題ないけど、
張りやすい感じはするとのこと。確かに私自身も張りは良く感じます。
張ったら横になっています。すると治まるので、今のところは様子見になりました。
張りやすい体質なのかな。
散歩していましたが、無理しないようにしよう、と思いました。

28Wの検診の際、紹介状に、山形の先生が、長男を亡くしたことを書いてくれてたみたいで、
最後に先生から「お聞きして申し訳ないのですが…一人目のお子さんの病気は小児科で分かったんでしょうか?」という質問があり、
私にはその真意が分かりませんでしたが、とりあえず小児科で分かったと言えばそうなのですが、、脱水が心配だから当日は入院していて、
その日の夜に痙攣が起こって、そこで初めて脳のCTを撮ってわかったのですが、翌日の手術中に…という話をざっくりしました。(最後の方は少し泣きながらになってしまった)
先生は「そうですか…」とだけ返してくれて、「ありがとうございます」と言ってくれました。

…が、私は先生が知りたかったことをちゃんと言えたんだろうか?とモヤモヤしてしまい、

長男の病気の兆しが出てきた1か月ほどの記録を、ぴよログから抜粋し、エクセルにまとめました。

そして、今日は30wの検診。
今日の検診も問題なし。前回実施した血液検査も、赤ちゃんの様子も全く問題がありませんでした。
最後に、「あの…先生が前回、帰り際に長男のことを質問されたのですが、真意が分からなくて…。
もしよければ、最後の1か月くらいだけですが、まとめてきたので、受け取ってください」と伝えると、
受け取ってくれました。

真意はいまだに分からずですが、次の検診の時に、なにか気になることがあったら、先生から質問されるかな。
先生も言っていましたが、「妊娠中のエコーでは、こういう病気は分からない」とおっしゃっていたので、
(実際息子も妊婦検診は問題なかったし、頭囲の大きさなども問題なかった)
産婦人科の先生が何を参考にするのかなぁ?というのは疑問です。

でも0歳9か月で脳腫瘍は、きっと日本でも数は多くないだろうから、何かの役に立てればいいな、とは思います。

ほんと、この病気がなければいいのに。もっと簡単に気づける病気だったらいいのに。
亡くなったら終わり、じゃなくて、経緯を小児科の先生に知ってもらうことが大切だと思ったので、
山形の先生には共有したけど…。調べれば調べるほど、乳児の小児がんを見つけるのが難しいことが分かります。

どうか、どうか
お腹の赤ちゃんは、健康で、おじいちゃんになるまで長生きしてほしいと願ってやみません。

Pocket

-妊活・妊娠・出産・育児, 山形暮らし