妊活・妊娠・出産・育児 山形暮らし

【生後9か月で健康だった赤ちゃんが1日でお空へ帰った話:脳腫瘍(退形成性上衣腫)】はじめに

Pocket

こんにちは。coletです。

息子がお空へ帰った話。
ずっと、ずっと、記録したいとは思いつつ、
全然PCと向き合えていませんでした。

大切な大切な息子。
もうすぐ会えなくなってから1年経ちますが、
いまだにフォトアルバムも作れずにいます。

毎日辛いです。

私の息子は、出産予定日を超え、40w5dで3000キロを超えて産まれてきて、
今まで風邪もお腹も壊したことがない、本当に健康な子でした。
成長曲線も真ん中で、問題なし。発達自体も問題がなかったです。

でも、お別れの日は突然来ました。本当に信じられないです。

幸い、現在は子供を授かることが出来ましたが(記入時は妊娠27週)、
息子がいないことは変わらないので、
毎日泣いている状況です。

人間、毎日涙を出せるんだな、と驚きました。
そして私自身はそんなに涙もろくない人間なのに、
こんなにも泣いてしまうことに驚きです。

色んな事情で子供を失った方がいることは知ってはいましたが、
こんなにも辛い事ということは、想像をはるかに越えていました。

もう自分の人生は終わってしまった、という感覚です。

でも、自分のことを大切にしてくれている人のためにも、生きるしかないのです。

そして今お腹に宿ってくれた子供の為にも。

子供の為…というより、この子が私を生かしてくれたのかもしれません。

私にできること…
こんな経験、経験ある人は多くないと思うので、
参考になるか分かりませんが、起こったことを記録に残すこと、だと思っています。

文字に起こすことは、私にとっても心の整理にもなると思いますし、
Twitterでは、大枠は何が起きたのか、つぶやいていたのですが、
それを見てくれた人がいて、
子供が助かったと言ってくださった方もいました。

記録に残すことは、人を助けることにつながると思っています。

更新ペースは、頑張りたいとは思っていますが、どうしても悲しくて、打てない時もあるので、
マイペースにやりたいと思います。

よろしくお願いします。

Pocket

-妊活・妊娠・出産・育児, 山形暮らし