妊娠・出産・育児

出産レポート①

2019/12/29

Pocket

こんばんは。coletです。

忘れないうちに、私の出産レポートを書いておこうと思います。
英語と関係ないですが、出産関係で参考になる人がいたらいいな。
当時のメモをほぼそのまま書いているので、変な日本語も多いです^^;

ちなみに私の妊娠経過はざっくりこんな感じです↓
・子供が授かったのは恐らく12月後半。年末に風邪を引き、風邪薬を飲む(妊娠超初期だったからか、息子には何にも影響なし)
・切迫早産と診断される(最後まで自宅安静で、入院は無し)
・GBS陽性(2回目は陰性)
・妊娠糖尿病(両親は糖尿病ではないが、母方の父母兄弟はみんな糖尿病。出産後の再検査では治ってました*)
・ひどめのアトピーだったのに、妊娠したらほぼ完治
・里帰り出産(兵庫) 夫は山形(立会い希望)

詳しくはコチラ↓

赤ちゃんを授かりました&母子手帳をもらいました
戌の日の祈願にいきました(南陽市・熊野大社)
妊娠記録①6w~12w
妊娠記録②アトピー
妊娠記録③13w~23w(妊娠4か月~6か月)
妊娠記録④24w~(妊娠7か月~)切迫早産
妊娠記録⑤36w~臨月と正産期
【報告】産まれました

ーーーーーーーーーーー

2019.09.12(木)40w4d

この時の心境
予定日を過ぎ、来週火曜日には陣痛促進剤を打ちますと言われ、周りからまだ?と言われ、
9月14日は夫は同期の結婚式、実家には兄の彼女のご両親が海外からくる予定だったので、
早く出てきて~!と願ってました 笑

16:00頃
会陰のストレッチをしていたら、少し尿漏れの感覚。トイレに行ってみたら、止まってるし高位破水じゃないなと思う。ネットでは自分の意思で止められないものが破水の目安って書いてあった)
少しして、同じストレッチをすると、また少し尿漏れ感覚。トイレ行ったところなのに、出るのは変だと思う。おりものがあって、粘液栓のようだった。

17:00頃
おりものが気になり、なんかあったら嫌だなと思い、親に状況を説明して、実家に一人は心細いので、
両親が急きょ行こうとしてた三宮の花屋に同行。車に座ってるうちは何も起きない。

18:30頃
スーパーの買い物に同行。歩くとまた尿漏れ感覚。おりものシートは粘液栓っぽい。おりものも制御不可能だけど、高位破水かもしれない不安が尽きない。

19:00頃
晩ごはん。椅子から立ったり、台所で果物剥いているときに、また尿漏れ感覚。おりものシートは粘液栓っぽい。
明日は診察の日だから明日を待つか…。でも破水だったら感染怖い。不安だから夜のうちに診てもらうか悩んでた所、母のそんなに不安なら病院いくか?の一言で背中を押して貰う。

20:00頃
病院到着。内診してもらったところ、どこが破けてるかは分からないけど、破水の反応あり。即入院。内診時子宮口2、3センチだけど、赤ちゃんは上の方に居る。
内診の影響なのか、ピンク色のおりものが出るように。

20:30頃
入院の部屋へ。夫へ連絡。今日明日で自然に産まれなかったら、陣痛促進剤かな?って感じ。自然に陣痛起きるの待ちなので、山形から夫来て貰っても空振りかもしれない。
飛行機で良いのでは?と思ったけど、山形新幹線→東京泊→始発の新幹線で来てくれることに。到着は朝の9時15分頃。
GBS感染防止のための点滴開始。(4時間おきに1時間点滴を打つ。看護士さんは私が動いてしまって、赤ちゃんの心音がモニターでとれなくなったら部屋に来るようになる)
母は帰宅。

23:00頃
6分感覚くらいで陣痛を感じる。
自分で腰を押したり、暖めてもらったあずきまくらを腰に当てたりして耐えるが呼吸法で逃せる気がしない。すごく汗を掻く。

23:30頃
これは陣痛だと確信。NSTの見方教えて貰ってないけど、陣痛の数字が上がっていく時が痛い時だと分かるようになる。

23:45頃
5分間隔になってる。
深夜だし、皆寝たいだろうから一人で頑張ろうと思う。看護士さんは寝れるときに寝てねというけど、寝れる気がしない。腰とか押してもらえないし、夜勤で人少ないやろから不急な用で呼べないなと思う。

2019.09.13(金)40w5d

00:30頃
看護師さんにひとりで耐えるの厳しかったら家の人呼んだらいいよとアドバイス貰う。夜中だし、躊躇する。看護士さんに座るより横になって方が身体休めるよって言われたけど、横になってる状況で私が痛みを逃せず、起き上がってしまう。座る方が私に合ってるように思った。
両親へ夜中堪えられない場合は連絡するかもとLINEする。父親からその時は家電するように言われる。

1:00頃
夫に陣痛やめたいとLINEする。これ以上痛くなるのが怖すぎる。

3:00頃
陣痛始まって初めて内診してもらうことに。陣痛時に内診することを初めて知り、めちゃくちゃ辛い。子宮口6センチ。思ったより進んでて安堵する。もしかして、結構早く生まれる?夫間に合わないかも?

でも一人では無理だと感じ始める。体力が持たない気がする。家に電話するが出ない・・・!
絶望。LINEでメッセージだけは残した所、LINEの方がまさかの気づいてもらえた。
朝ご飯済ませたらいこか?とか来て、申し訳ないけど今すぐ来て!!と内心怒りながら伝える。
この時父は寝室の電話の音量を切っているのを忘れていて、母は父が家に電話するように私に言っていることを知らなかったので、LINEみて緊急度が分からなかったそうです 笑

3:45頃?
母到着。友人が友人ママがすごい戦力だったのを聞いていたので、母もきっとすごい戦力になるだろうと期待してた分、凄く安堵した。
…が母が想像以上に色々お産のサポートに向いてない事を知る。

絶望したポイントはレポート②に書きます 笑

続きます→出産レポート②

Pocket

-妊娠・出産・育児