おもてなしの基礎英語 英語

おもてなしの基礎英語 ss37 「また今度」は英語で?(6月10日放送)

Pocket

こんにちは。coletです。

Eテレ毎週月~木の23:20分より放送中の「おもてなしの基礎英語」、略して「もて基礎!」の勉強を始めます。
1日1つの「おもてなしキーフレーズ」を学んでいきます。

上部の「英語」カテゴリ>「おもてなしの基礎英語」から過去分もチェックできますので、
勉強の参考になれば幸いです。

6月は松山!

~話し手の意図~
やんわり断る

セッション37のToday's Key Phraseは、

Maybe another time.
また今度

********
ひょっとするとまた別の時にね
Maybe=ひょっとして
another time=次の時
社交辞令的な言い方。
(例)食事どう?
→No, thanks.だとかなり傷つく

使い方としては、Maybe next time.とかも有効

Can I take a rain check?
また誘ってくれる?

********

<シチュエーション>道後にやってきた二人

これ見て。あー・・・気持ちいい。足が、歩いた後の休憩を求めてるんだよね。
Asuka: Look at this. Ahhh... Perfect. My feet really needed a break after all that walking.

たくさん歩いた割には、松山へ来てからまだ何ひとつ手掛かりは見つかっていないわ。
Olivia: All that walking and no clues about our target.

clue=ヒント,手がかり

耐えてくれ。もうすぐだ。それより、オリビアも座りなよ!足湯を楽しもう!
Asuka: Be patient. We're getting closer. Have a seat and enjoy the foot bath!

また今度
Olivia: Maybe another time.

せっかくなのに。松山は温泉地として有名なんだよ
Asuka: You're missing out. Matsuyama is a famous hot-spring area.

Traveler: お隣、いいですか?

Asuka: え? あ~どうぞどうぞ・・・おひとりですか?

Traveler: ええ。お遍路参りの途中でして

Asuka: ……ああ、お遍路

お遍路?
Olivia: Ohenro?

そう。四国のお遍路は・・・
Asuka: Yeah, the Shikoku Ohenro. It's...ん?あれ?お遍路ってどう説明すればいいんだろ?

Traveler: お遍路とは、四国に定められた88か所のお寺をお参りして回ることです。

お遍路っていうのは四国に定められた88か所のお寺を回ることだよ
Asuka: それだ。ありがとうございます。It's a journey to 88 temples in Shikoku.

88か所も? 多いわね
Olivia: Eighty-eight? That's a lot.

ああ。つまりは巡礼さ
Asuka: Yep. It's a pilgrimage.

pilgrimage=巡礼

巡礼・・・
Olivia: A pilgrimage...

*************
結局切迫早産になり、急遽兵庫の実家に帰ってきました;;
病院にも行きましたが、取り急ぎは自宅安静で良かった・・・
里帰りできないと思ったので、ひとまずは安心
実家に甘えたいと思います。帰れる場所がある事に感謝。

Pocket

-おもてなしの基礎英語, 英語