おもてなしの基礎英語 英語

おもてなしの基礎英語 Ep120 「そういうことか」は英語で?(11月15日放送)

Pocket

こんばんは。coletです。

Eテレ毎週月~木の22:50分より放送中の「おもてなしの基礎英語」、略して「もて基礎!」の勉強を始めます。
1日1つの「おもてなしキーフレーズ」を学んでいきます。

上部の「英語」カテゴリ>「おもてなしの基礎英語」から過去分もチェックできますので、
勉強の参考になれば幸いです。


エピソード120のToday's Key Phraseは、

That explains it.
そういうことか

********

********

<シチュエーション>そろばんで計算しようと奮闘するオーウェン

よし、えっと2451は2,4,5・・・おい!指がつりそうだ。
Owen: Uh...2,451 is 2,4,5,...Man!
I think I'm getting a finger cramp.

いつでも電卓を使えるよ。
David: You could always use a aclculator, you know.

いやだ。僕も電卓になりたい、早苗みたいに。
Owen: No. I want to be a acalculator, like her.

早苗はいくつでそろばんを習い始めたんだ?
David: When did you start learning how to use a aoroban, Sanae?

7歳だったと思うわ。
Sanae: I was seven, I think.

そういうことか。
David: That explains it.

ただいま~。早苗、お鍋の材料を買ってきたわよ。
Julia: I'm back with the hotpot ingredients, Sanae.

ありがとう。
Sanae: Thanks.

鍋の材料?
David: The hotpot ingredients?

うん!早苗がね、みんなでパーティをしましょうって。
Julia: Yeah! Sanae said we should have a party.

いいね!
Owen: Nice!

そんな話、聞いてないぞ。おい早苗、また赤字になるぞ。
David: That's news to me. Yo, Sanae, we're going to be in the red again, you know.

それは私にはニュースだ→そんなこと私は聞いていないよ
in the red=赤字

あ…そんなつもりは・・・
Sanae: That wasn't my intention...

君はそろばんは得意かもしれないが、ビジネウスクールにでも通った方が良いんじゃないか。
David: You are good at using a soroban, but you might want to go to business school.

***
会社が忙しすぎた…

Pocket

-おもてなしの基礎英語, 英語