おもてなしの基礎英語 英語

おもてなしの基礎英語 Ep92 「それはお気の毒に」は英語で?(9月20日放送)

Pocket

こんばんは。coletです。

木曜日まであっという間でした。

Eテレ毎週月~木の22:50分より放送中の「おもてなしの基礎英語」、略して「もて基礎!」の勉強を始めます。
1日1つの「おもてなしキーフレーズ」を学んでいきます。

上部の「英語」カテゴリ>「おもてなしの基礎英語」から過去分もチェックできますので、
勉強の参考になれば幸いです。

エピソード91のToday's Key Pharaseは、

I'm sorry to hear that.
それはお気の毒に。

********
sorryには申し訳ない・ごめんなさいという意味と、残念に思う、という2つの意味があります。

********

<シチュエーション>夜、祖母の昌子を囲んで昔話を聞いている。

Masako:あんたのお父さんはね、昔ここを飛び出して、あんたと同じようにゲストハウスを経営してたんだよ。
でもあっという間につぶれて…。

Sanae:お父さんが、ゲストハウスを?

さくらって、もしかして君のお母さんの名前?
David: Sakura...Is that your mom's name?

ううん、さくらは苗字よ。実はお母さんは私が生まれてすぐに亡くなったの。
Sanae: No, Sakura is our last name. Actually, my mom died when I was just a baby.

え?ごめん。それはお気の毒に。
David: O-Oh. I'm sorry to hear that.

気にしないで。もうずっと前の事だから。
Sanae: It's OK. It was a long time ago.

It's OK.=大丈夫という意味。sorryと言われたら、返す一般的な返答。

そうか。お父さんは君のことを心配しているのに違いない。
David: Well, your dad must be so worried about you.

心配?私が若いから?
Sanae: Worried? Because I'm...too young?

君がくじける姿を見たくないんだよ。
David: He probably just doesn't want to see you fail.

でも、うまくやってるじゃない!
Sanae: But I'm doing fine!

**********

***
復習もしたいな…

Pocket

-おもてなしの基礎英語, 英語