おもてなしの基礎英語 英語

おもてなしの基礎英語 Ep36 「紙に書いてあげますよ」は英語で?(6月7日放送)

2018/06/11

Pocket

こんばんは。coletです。
山形に住みながら、英語の勉強頑張り中です。

毎週月~木の22:50分より放送中の「おもてなしの基礎英語」、略して「もて基礎!」を始めます。
1日1つの「おもてなしキーフレーズ」を学んでいきます。
上部の「英語」カテゴリ>「おもてなしの基礎英語」から過去分もチェックできますので、
勉強の参考になれば幸いです。
6月号の表紙は傘!とても綺麗で見とれます。素敵。

 

エピソード35のToday's Key Pharaseは、

I can write the down for you.
紙に書いてあげますよ。
<メモ>
write down=書きとめる。
I can=~ができるですが、自分の能力を誇示しているわけではありません。
もしお望みならできますよ、よろしければあなたのために書いてあげますよ、という
おもてなしの表現です。

<ストーリー>
トニーは和室の作法に驚いている。

細かいことは気にしなくていいですよ。あなたの部屋ですから。
ごゆっくりどうぞ。
Dad: Don't worry about little manners.
This is your room. Make yourself at home.

ありがとう!ようやくゆっくりできるよ!
Tony:Thank you! Finally, I can relax!

Dad:早苗、おもてなしの押し付けになっていないか?

Sanae:え?

(カフェスペースでジェーンと話す早苗)

私はただ日本の文化を知ってもらおうと思っただけなんだけどな。
Sanae:I was just trying to teach him about Japanese culture.

I was just trying to...で「ただ~しようとしていただけ」(他意がないというニュアンス)

分かってる。でもお父さんも手伝おうとしていただけよ。
Jane:Yeah, I know. But your dad's just trying to help.

すみません。近くに銭湯はあるかい?
Tony:Excuse me. Is there a sento nearby?

銭湯ですか?あ、あります!今地図をお持ちしますね。
Sanae:A sento? Um,yes! Let me get the map.

でも銭湯も色々ルールがあるから気を付けてね。
Jane:Just be careful-there are lots of rules to follow.

年でもルールばっかりだね。
Tony:What's with all these rules?
What's with...?=何でこうなんだ?という問い詰めるニュアンス。

all these rulesとall が付く事で、多いことの気持ちが強調されています。

例えば、湯船にタオルをつけちゃだめとか。
Jane:Well...for one thing. You can't take your towel into the bath.

ちょっとジェーン。心配しないで。簡単な決まり事が少しあるだけだから。書いてお渡ししますね。
Sanae:Oh,Jane.Don't worry. There are just a few simple rules.
I can write them down for you.

それを聞いて安心だ。ありがとう。
Tony:Oh,good. I appreciate it.

Pocket

-おもてなしの基礎英語, 英語