山形暮らし 熱中小学校

熱中小学校 5/12(土)~第2回~

Pocket

こんばんは。coletです。
先週土曜日に行きました、熱中小学校の感想になります。
今週ようやく授業のWEB動画が配信されたので、授業を思い出しながら、振り返りながら書きたいと思います^^
熱中小学校って何?どんなことしてるの?入るかどうしよう…と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

まずは1時間目!内海弦先生(ARM株式会社 代表取締役)です。
先生もきっとそれはそれは凄い方なのでしょうが、
鉄道模型愛を感じ、とても好感が持てました。

初めての選択授業でした。私は「ものづくり」を選択。
今日はどんなことやるのか?というのがメインだったので、 実際にものづくりはしませんでした。
4グループに分かれることになり、
①電車のスイッチバックの作成(高度)
②LED照明のマイコン制御(信号機の作成)
③レイアウト工作(山づくり)
④車両工作(電車づくり)
私は、IT力を上げたいので、②のマイコンを選びました!
まだまだこれからなので、授業が進んだら感想書きたいと思います。

2時間目
特任用務員 竹村譲先生(オフィスコロボックル創設メンバーの1人)
元々日本IBMの方です。現在はツバメノートとコラボしてノートをはじめ、カバンも販売しています。

ツバメノートとコラボした理由や、仲間がいたからできた事。
なぜこういう商品をつくったのか。色んな事を教えてくれます。
ツバメノートを自分たちで作ろうと思うと、発注する単位数は800冊~だそうです。
もちろん、個人で持つのは不可能…そんな時に助っ人が現れ(元々仕事関係の知り合い)
倉庫に置くよ!&仲間に入れて!とのことで快諾。
また、このノートの売上の5%を視力障害者を支援している団体へ寄付というのも条件だったようです。
(身内に視力障害者の方がいるので、そういう思いをずっと持っていたそう)

3人で初めて作成したノートがこちら。


Thinking Power Notebook
こだわりは、横型がほしい!
右から左へ一気に線を引きたい
方眼!方眼の線は薄い色で(自分達の書いたものがはっきり見えるように)
ツバメ特徴のフールス紙を使いたい。
そして…表紙のイラストは知り合いであるYUCHANに描いてもらったとのこと。
3人の好きなものを書いてほしい!という希望を叶え、このノートには
・カレー
・携帯のキーボード
・ゼロハリバートンのトランクケース
が描かれています 笑

また、切ってスキャナーで残して、データに残したい!
ミシン線が入っています。
切ったあとのサイズがA4サイズ。というのもこだわり。

通常のツバメノート280円ですが、このノートは480円!
どこかで売れるところを探せばいい!ということで、
自分がしているネットサイトで販売することになりました。
そして、売れたとのこと。

これをきっかけに様々なタイプのノートを売ることになります。


ガリバーという名前のA3の大きなノートや(ガリバーが引っ張っているのは携帯やスマホなどの電子機器というのがとても可愛いイラストです!)


大きいものを作ったから小さいのも作ろう!ということでフリスクサイズのものも。
(こちら、黒い背表紙の部分は絵が隠れてしまうので、中にイラストが隠れていて、こちらも可愛い)

レオナルド・ダ・ヴィンチの人体の例の図をイラストチックにしたもの。

さらには持ち歩くには軽い鞄が欲しい!とのことで、カバンや、専用の手帳なども!

本当に様々なノートから、カバン、手帳…沢山のものを商品化されています。
もちろん、先生の人脈も大きいことは分かるのですが、
普段からメモやアイディアを大切にされているので、下記の本の紹介もされていました。


アイデアのつくり方
こちら読み終えたらブログに書きますね。

会社のモットーについても話してくれました。

 

プロジェクトテーマ
Thinking power to the peopleブランド・スローガン
Think Before Search

このデジタル社会において、とても素敵な目標だと思います。
今はなんでも調べられる時代だからこそ、大切。
元々IBMというパソコン業界にいた人が言うからこそ、余計面白いのかもしれません 笑

先生の授業を聞いて、本当に感じるのは、
・1人じゃできないけど、他人の力を借りて進める
・自分が欲しいものは売れる
・こだわりをもつ
この事が本当に大切なんだな、と思いました。

先生は気さくな方で話し方も上手で、ずっと話を聞いていたいと思いました。

最後にジャンケン大会があって、紹介されたノート争奪戦があり、

見事勝利しました 笑
ツバメノート元々大好きなので、嬉しかったです^^

次回の高畠熱中小学校授業は、5月26日(土)13:30~
1時間目 図画工作 小杉博俊先生(紙の仕事人、紙のエレクトロニクス応用研究会幹事)
2時間目 国語   須藤晃先生 (株式会社カリントファクトリー代表取締役、音楽プロデューサー)

次も楽しみです!^^*

Pocket

-山形暮らし, 熱中小学校
-, ,