おもてなしの基礎英語

おもてなしの基礎英語 Ep3 「ご自由にお使いください」は英語で?(4月4日放送)

Pocket

おばんです。妻のcoletです。
(山形弁でこんばんは。)
山形に住みながら、英語の勉強頑張り中です。
テレビとテキストで学びます!

今日もおもてなしの基礎英語、略して「もて基礎!」を始めます。
1日1つの「おもてなしキーフレーズ」を学んでいきます。

<シチュエーション>
初めてのお客さんがやってきました。
カウンターでチェックインの手続きをしています。

エピソード3のToday's Key Pharaseは、

Feel free to use it.
ご自由にお使いください。

<メモ>
feel freeは自由であると感じるということ。Feel free to...は命令形ですが、
「自由に...してくださいね」という意味です。「自由に」「自分で」は、英米流のおもてなしの精神のひとつです。

**
<ストーリー>

Man(これでいいかな?)
OK Is that it?

Sanae(はい!ありがとうごっざいます。ベルさん。1週間の滞在ですね。)
Yes!Thank you, Mr Bell. One room for one week.

Man(よろしく。そうだ、洗濯を頼みたいんだが)
Excellent. Oh, that's right-I need you to do my laundry.

Sanae(洗濯ですか?)
Your laundry?

Man(明日の朝までまにあわせてもらえる?)
Could you have it ready by tomorrow morning?

このbyは「~までに」。until,tillと間違えやすいですが、この2つはworkとかcontinueなど継続して行うことを意味する動詞と一緒に使うことが多いです。

Sanae(あちらに洗濯機があります!ご自由にお使いください。洗剤と柔軟剤もありますよ!)
There's washing machine! Feel free to use it. There's detergent and fabric softener, too.

Man(あれ、変だな…まあいいか。朝食は何時からだい?)
Odd...OK.What time's breakfast?

Sanae(朝食は付いていません。すみません。キッチンが使えますよ!)
We don't have breakfast service. Sorry. You can use the kitchen!

Man(待った。ここはホテルだろう。何で何から何まで自分でやならきゃいけないんだ?)
Hold on. This is a hotel-but I have to do everything myself?

Jane(あの、実は…ここはゲストハウスなんです)
Actually,sir,this is a guest house.

Man(ゲストハウス?冗談だろ?こんな名前なのに?)
A guest house? You're kidding me. With a name like that?

Jane(それは・・・私もずっと気になっていたのよね)
Yeah...I was wondering about that,too.

wonderは不思議に思うという意味の動詞。I was wodreing about...
は「・・・のことがきになっていた。疑問に思っていた。」というニュアンス。
I'm wondering ...で使うと「(今)・・・かなぁとおもっている」という意味になります。

Man(予約をキャンセルします。出ていくよ)
Cancel my reservation. I'm out of here.

Sanae(ちょ、ちょっと待ってください!)
Wait! Sir. Sir!

**
洗剤(detergent)、柔軟剤(fabric softener)知らなかった。。覚えよう!
Feel free to use it.は全然知らなかったな。

Feel free to use my pen!とかも言い回し覚えたら使えそう!

Pocket

-おもてなしの基礎英語
-, , , ,